★ Trick:195

2008.02.20(Wed)

先日、Trick:194のツッコミ感想を海外系サイトにリンクされて曝され、普段の5倍という有り得ないアクセス数に、本気でビビり捲った小心者です(笑)

それに関しては、取り敢えずログが流れてしまえば、アクセスが無くなるということが判り、ちょっぴり安心(笑)

しかしまたここで書いてしまうと、大量アクセス再び!…になってしまうのでは…?と、かなりビクビクしながらも、どうしても書きたくて懲りずに本誌ツッコミ感想です(笑)

それでは早速参ります〜。
今回も(も?)異様にテンション高いですが、呆れずに読み流すか、生暖かい目で見守ってくれると有り難いです。

毎度の事ながら、携帯では隠し文字になりませんので、閲覧にはご注意下さい。




↓以下注意↓




↓本文ここから。

言いたい事は数あれど、とにもかくにもこれだけは叫ばせてくださいッ!!




咢キタ────────ッ!!!




待ってた!この展開を待ってたのよっ!!

絶対やってくれると信じてた!!
あのまま引き下がるようなコじゃないと信じてたいたわっ!!!


個人的には、亜紀人も一緒に檻をぶち破って欲しかったんだけど、今回は咢の成長話って事で、そこは不問にしよう(笑)(←偉そう)

ワタクシの脳内妄想では、このバトルが終わるまで咢は封印されっぱなしで、凜鱗人のまま小烏丸の前から姿を消しちゃって、その後一月位行方不明になってしまう。
しかし、凜鱗人が眠ってる隙に、咢が葛馬逢いたさにこっそり出て来て、葛馬の元へ…。
葛馬との再会を果たした直後、凜鱗人に気付かれて、無理矢理人格交代させられて、凜鱗人が咢に見せつけるように、葛馬を寝取ろうとする(笑)
それをみた咢が『葛馬だけは渡さない!』と、怒りに燃え、凜鱗人を押さえ込む。



↑前にブログにアプしようかどうしようかと悩んでたネタ(笑)
行方くらますトコまでは書いてたんだけど、その後が続かなくて、放置してました…(爆)
だって…咢の消えネタは、悲しくなるからあんまり書きたくないんだもん…orz


まぁ…咢にとってはその位、葛馬は大事な存在なのよ!って話です(笑)

咢復活したから、敢えてネタとして書いたら面白いかもしんないな…(笑)





また話逸れてるな…(笑)





そんな訳で咢復活ですよっ!やた〜〜〜v
アギたんの台詞があまりにも嬉しくて、テンション高くて大変です。


だって、『ここは ようやく俺が見つけた居場所だ』ですよっ?!
俺の中でいつか咢に言わせたい台詞NO.1なんだよっ!(笑)


はう〜んv嬉しい嬉しい嬉しいよう〜v
ようやく咢が素直に口にしてくれた〜v

勿論、言外には『俺の居場所は葛馬の隣り』という妄想がありましてよっ!!
当然じゃない!だってカズアギスキーですからっ!(笑)



いや、妄想抜きにしても嬉しいんですが!(笑)

だって、素直じゃない咢にそう言わせるだけの価値が此処にはあるって事ですよ?

いつ消えても仕方無い、それは最初から決まってた事で、自分はそれに従うまで。
そんな生き方してたコが、初めてみせた執着なんだから。
この場所だけは絶対譲れないって、思ってくれた事自体が素直に嬉しいです。

その場所を与えてくれたのはイッキだけど、でも、きっとイッキだけじゃなくて、他のみんなも、咢にとっては大切なものになってるんだよね?



個人的にその一番の執着は葛馬に向いててくれるのが嬉しいんだけど…(笑)
うちはイキアギが成り立たないので、やっぱり葛馬に…ね(笑)

だってうちのイッキはどうしようもなくノーマルで、亜紀人にも咢にも絶対なびかないの。
たがら亜紀人は、安心してイッキにちょっかいかけられるのよ(笑)
咢にしても、イッキは太陽であって、憧れなんです。そういう意味では葛馬も同じ。

自分はああはなれない。だけど、尊敬はしてる。口には絶対出さないけど、いつかはあの太陽の隣りに並べるようになりたいと願っているのです。

LOVEと憧れは違うものなのです(笑)

だけどうちの葛馬も咢もお子ちゃまだから、そんな目でイッキを見つめる互いにヤキモチ焼いてしまうのさっ♪(笑)
いつかその話もちゃんと形にしたいな…。



っと、また逸れた(笑)



そうよ、だから凜鱗人さん!
やっぱり無理矢理アキアギを封印するつもりは無かったのね!ってか、非常に『お兄ちゃん』な感じがとても良い(笑)
凜鱗人さんを嫌いになれなかったのはそこなのかなぁ…。

あのままアキアギが消されてたら、違う意見だったかもしれないけど、ようはアレですか?
咢の口からその言葉を引き出す為だけに、あんな極悪非道っぷりなふりをしてたと?

しかしそう考えると少し切ないな…。
わざわざ嫌われ役になる為に出て来るなんて…。

妄想ネタのうちの葛馬の台詞に『アンタは咢じゃない。俺が求めてるのは咢だ』みたいな台詞があるんですが、存在を否定されるのは何より辛いんじゃないかなぁ…。


咢はあからさまに凜鱗人さん嫌いみたいだし、亜紀人は怯えてるし…。


うぅむ…。なんか浮かばれない…(笑)







…今回脱線ばっかやな…(笑)





取り敢えず本編に戻ります。



えと…オルカって何気に酷い。
女の子にあの仕打ちはねーだろよ…。

つーか中山ちゃんがっ!!(泣)

そこであっさり切り捨てる凜鱗人もどうかと思うが、女の子の顔面(?)をATで切り刻むのはあまりにも酷くないか?

本気で真剣に中山ちゃんの安否が…;
い…生きてるよね………?(涙)



つか咢さん!ちゃんと助けてくれるよねっ?!

結局の所、凜鱗人さんはアキアギ以外の事は、全く気にして無い事が判明したよ…。
だって考えてみたら、あの場面で二人を押し退けて出て来る意味が他に思い付かないんだもん!(笑)

そうか…。凜鱗人さんてば実はアキアギが可愛くて仕方無いんだな?
だから咢がピンチに立たされた時に、思わず出て来ちゃったんだな?(笑)

咢を『末弟』呼ばわりしたあの時の凜鱗人さんは、どうみても咢が可愛くて仕方無いって顔してるじゃんよ!(笑)



しかし…あれがホントに海人さんだとしたら、ちょっと色々考え直さなきゃダメだな…。
うちの海人さんは咢を認めて無いから、結構非道なキャラになってるんですよ…(爆)

海人にーちゃんは亜紀人だけが大事で、咢には冷たい仕打ちしたり、苛めまくって苦しい思いさせちゃうような人なんです。

凜鱗人さんみたいな慈愛なんて欠片もありませんから(爆)





うわ…。いままた脳内妄想で、アキアギLOVEな凜鱗人さんが、『俺の可愛い弟に、卑猥な事すんな、このウンコクズ』と、葛馬に向かって罵声を…(笑)

ええっ?!最大の難関は海人じゃなくて凜鱗人なのかっ?!(笑)

うわーうわーうわ〜〜〜〜〜……。




それ、楽しそうだな…(マテ)

葛馬と咢がコトに及びそうになると、わざわざ邪魔しに来る凜鱗人にーちゃん。
イヤンv楽しい〜〜〜(笑)(イヤンなのはお前の腐れた脳ミソだ)

いや、閉じ込められちゃったから無理なんだけど(笑)
でも、そのシュチは結構萌えかもしれない…。





またずれた…orz





あちこちに妄想が飛んで収拾つかないから終わります(笑)



取り敢えず中山ちゃんを何とかしてやってください…(泣)






それにしても咢裸祭り(マテ)はウハウハだった…v
つか細い…細すぎるよアギたん…v(萌)

ほっそい手首に手錠が〜〜っ!
ヤバイ萌える…目茶苦茶ソソる…。

いつかやりたい手錠プレ…(蹴)






そういや、オルカも凜鱗人も水中でフツーに会話してたけど、あれって作者様が水中ってコト忘れ…(強制終了)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。